2024.5.31

おもしろい間取りじゃないと、リノベーションした甲斐がないかな。

マンションリノベーション

家族構成 ご夫婦+お子様3人
間取り 3LDK→1LDK+土間+個室
リノベーション面積 81.25㎡
築年数 築50年

今回は、仲良し家族のマンションリノベの事例です。

「今後、このマンションが色んなリノベ会社がリノベーションをして、全部屋違う間取りのおもしろいマンションになっていくとおもしろいな~」と話すご主人。

リノベーションに至った経緯から、家族で進めた家づくりの話を伺いました。

代表鯛島のリアルトークを聞いてみたいという興味もあって、セミナーに参加

家賃補助の期限が切れるタイミングで持ち家を検討したMさまファミリー。学区を変えたくないということで、狭い範囲での家探しが始まりました。

新築一戸建てなら注文住宅、マンションならリノベーション。自分たちなりの暮らし方に合わせた家が希望でした。

現実的な予算との兼ね合いで中古マンションを購入してリノベーションしようと決意し、ネットでリノベーション会社を検索。そこで美想空間を知り、美想空間のセミナーに参加していただきました。

鯛島社長のYoutubeを見て、内容もさることながら、自分の営業職ということもあって、トークがとても上手で参考になるなぁと。セミナーに参加したのは、鯛島社長に会ってみたいという興味もありました(笑)

私はプランナーさんが全員女性という点に興味を持ちました。ママさん目線で相談しやすそうだな~って。

↑ここまで見せる動画はあまりないと同業者に言われることも多い、代表鯛島によるYouTube。

 

コーディネーターの対応力と提案の内容が決め手に

実は、美想空間の他にも相談していたリノベーション会社があったとか。美想空間に依頼した決め手を聞くと、

まずは、コーディネーターの蠏さんの対応力です。
比べて申し訳ないのですが、他社が1回連絡をくれる間に蠏さんは5回も6回も知りたい情報を提供してくれました。
相手の事を考えたスピード感ある対応は、僕も学ばなければいけないなぁと刺激をもらいました。

わたしたちのリノベーションの信念は、ただ単純に“オシャレでかっこいい家”をつくるのではなく、『どんな暮らしを希望しているか?』をカタチにすること。

その上で、どんな物件、どんなプランニングがいいかをしっかりとお話しを聞いた上で進めています。

築50年でも管理が行き届いたリノベーション向きのマンションを購入

中古物件探しは内覧2件目で築50年のマンションの購入を決意。古き良きマンションというイメージで、すぐに気に入ったというMさま。

物件内覧の際にはコーディネーターの蠏が同席しました。

担当の蠏さんが“築50年でも管理がしっかりしているし、リノベーション向きですよ”と後押ししてくれたので安心できました。
また、管理会社に、やりたい工事ができるか事前に確認してくれたのも助かりました。

今回はコーディネーターの蠏がMさまのご希望が叶う物件かを内覧時にチェックして、工事ができると確認できたので購入をお勧めしました。

マンションによってはできない工事もありますので、中古物件を購入する際はぜひ事前にご相談ください!

やりたいことを積み上げてカタチにした、プラスのプランづくり

プランの考え方についても、コーディネーターの蠏とプランナーの砂川、設計士の森とMさまご家族で意気投合したとか。

廊下っていらないよね!など無駄なスペースをなくして面積を有効に活用できるようにしたいという考え方で盛り上がりました。

設計の方も3兄弟のお母さまと聞いて。
子どもたちがリビングに脱ぎ散らかさないようにとか、学校のプリントや提出物を忘れないように置き場所を固定するとか、共感してもらえました!

プランナーの砂川がご提案したプランは5つ。

まさか5プランも提案してもらえるなんて!びっくりしました。

どれもこれも気に入って、結局、5プランのいいとこどり(笑)。やりたい事が積みあがって、どんどんプラスされた感じかな。あきらめた事はひとつもありません!

当初は子どもが音楽の練習をするために防音室が欲しいという希望でしたが、予算の都合で防音室は断念。その代わりに壁で囲まれた個室をワークスペースの隣に設計しました。

防音室の代替案ですが、音は気にならないし、仕事のリモートワークの時にも使えて便利。子どもたちは、勉強をしたり楽器の練習をしたり。大活躍です!

個室は3兄弟の寝室のみですが、お子様たちはそれぞれの個室が欲しいなどの意見はなかったのでしょうか?

ウチの3兄弟は、とにかく仲良し。いつも仲良く3人ともくっついていたいようで(笑)。3人一緒の部屋で不満はないどころか、コッチの方がいいという意見で一致しました。

お子様たちの意見もプランに反映されているのですね!

間取りを決める時にも、壁やタイルの色を選ぶ時もみんなで“せーの!”で指さして決めました。その甲斐あって、みんな自分の家に愛着を持って過ごしています。

お子様たちの思い出になるような家づくりの進め方ですね。

実は、物件選びの段階から、お子様が参加してたのだとか。

『どれがいいか?』自分の意見が反映されることで、家への想いも一入。みんな大事に家で過ごしてくれているようです。

気分よく早起きできる家になった

お引越しから半年が過ぎましたが、暮らし方は変わりましたか?

早起きするようになりました。まだ青白い光がキッチンにあたると、カッコいいんですよ(笑)。
ベッドから顔を上げて、その光景を見たくて。気分よく早起きできます。
ギリギリまで家に居たくて、出勤時間は遅くなったんですけど…(笑)

まだ会社行かなくていいの?と思う時あるよね(笑)

家に帰ってきてリビングのドアを開けた風景も、ベッドから見るキッチンもどちらも好き。デザインにこだわった建具を付けてよかったなぁと実感しています。

私は家事が断然ラクになりました!
広くて使いやすいキッチンは料理しやすいですし、土間やファミリークローゼットなど、子どもが自然に自分で片づけられる動線なので家事が減りました。

個性的な間取りだからこそ、自分たち家族にとっては暮らしやすい動線でピッタリ。せっかくリノベーションするなら、おもしろい間取りじゃないと甲斐がないですしね!と笑顔で話してくれたご主人。

リノベーション成功のコツは「人を重視すること」

リノベーションした我が家は「100点満点!」という高い点数をつけてくれたMさまファミリー。リノベーション費用については

5つもプランを出してくれるなど、これだけやってもらったのだから納得、という価格でした!

納得・大満足のリノベーションができたMさまからこれからリノベーションする方に、成功のコツなどあれば教えてください。

ぜひ、鯛島社長のYoutubeを見てほしいですね(笑)。この人の話を聞きたいな、と思う人を見つけて、相談するのが一番だと思います!

プランナーの砂川さんは“やりたいことを叶えてくれる人”という印象です。迷った時も提案してくれるし、細かいところまで私たち家族のことを考えてくれている。

そうだね。コーディネーターの蠏さんも対応が素晴らしかったし、工事関係の方々もマナーが良かったと管理人さんから聞きました。“人”って重要だと思います。

嬉しいお言葉、、ありがとうございます!!

撮影裏話。

長男くんがクラリネットを練習する風景を撮影していた時、ふたりの弟くんがどんどん近づいて、同じ部屋に入ろうとする姿が可愛くて可愛くて!本当に仲がいい3兄弟でした。

そして、もうすぐ4人目のお子様が誕生予定というビッグニュースも!3人のお兄ちゃんたちが赤ちゃんを可愛がる姿が目に浮かびました。

この施工事例をみる
他のお客様インタビューを読む